「もはや戦後ではない」と言われた高度経済成長期に、
愛知県岡崎市で子ども時代を過ごした少年時代の、
懐かしくもほろ苦い思い出を詰め込んだイラスト・エッセイ。
怪獣映画、テレビ、漫画、プラモデル、音楽、そして大阪万博……。
日本の昭和少年たちに共通する“記憶”を刻みこんだ一冊!

少年マッキー 僕の昭和少年記 1958 - 1970
絵と文・牧野良幸
仕様:A5判/264ページ
定価:2,100円(税込)(本体:1,909円)
発売:2020年9月14日

第1章 ぼんやりとした記憶の中で
1958年 - 1963年(昭和33年-昭和38年)幼稚園まで

  • 映画館の暗闇から人生航海
  • 鉄腕アトムと鉄人28号
  • ふろくのついた漫画と貸本屋の話
  • 暮らしていた家と便所の話
  • 幼稚園の泣き虫と自動車のエンスト 
  • 憧れのアメリカと日本人を沸かせた力道山

第2章 東京オリンピックとテケテケテケ
1964年 - 1965年(昭和39年 - 昭和40年)小学一年生・小学二年生

  • 東京オリンピックと『モスラ対ゴジラ』
  • 男子を熱くしたスロットカー
  • 貫禄十分の悪役キングギドラ登場
  • 長靴のお化け
  • エレキとチャンネル争い
  • 想像力をかき立てたソノシート

第3章 テレビ、怪獣、プラモで真赤に燃えた日々
1966年 - 1967年(昭和41-昭和42年)小学三年生・小学四年生

  • ガメラが登場、そしてあの魔神も
  • レストラン吉野で乱闘?
  • 石屋町の思い出
  • おとうちゃんのアトリエ
  • おとうちゃんのヨーロッパ旅行
  • 康生のシティ・ボーイ
  • 鼻血を出しても欲しかったグリコの懸賞品
  • 子どもたちを熱狂させたサンダーバード
  • さようならゴジラ、こんにちはアンヌ
  • プラモデルの思い出
  • 駄菓子屋の〝三角ババア〟
  • 転校生と岡崎市民会館
  • 天才バカボンと週刊少年漫画誌
  • グループ・サウンズとモンキーズ
  • 楽しい冬休み

第4章 カラーテレビとラジオは僕の偉大な一歩
1968年 - 1969年(昭和43年-昭和44年)小学五年生・小学六年生

  • 妖怪と怪奇にあふれた少年時代
  • 吉永小百合が町内にやって来た
  • スロットカーの再来、ホットウィール
  • 記念切手は趣味の定番
  • 運動神経が鈍くても巨人・大鵬・卵焼き
  • 東岡崎駅と大都会名古屋
  • カラーテレビと僕のカラー体験
  • 『科学』と『学習』、工作の動く物
  • 篭田公園の思い出
  • アポロ11号への道
  • 土曜のお昼は吉本新喜劇
  • スポ根ブームとエッチな話
  • 不良小学生は流れるプールでボート遊び
  • 東芝のトランジスタ・ラジオIC-70
  • 万博手帳

第5章 丸坊主は見た、万博、車、UFO 
1970年(昭和45年)中学一年生

  • 来たぞ、大阪万博
  • 深夜放送とローラーゲーム
  • 免許もないのに車に夢中
  • 「ジョーォォ!」と『謎の円盤UFO』
  • ショックだった三島事件

巻末・岡崎今昔物語 with オカザえもん

少年マッキー 僕の昭和少年時代 1958 - 1970
絵と文・牧野良幸
仕様:A5判/264ページ
定価:2,100円(税込)(本体:1,909円)
発売:2020年9月14日

Amazon
楽天市場
Tower Records

牧野良幸のイラストエッセイ WEBでご覧になれます。